FC2ブログ

蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

物見山でのランチは雷鳴のBGM

雨量レーダー観察所入り口から左折して、物見山(870m)への緩い散策路を行く
例年ならレンゲツツジに彩られる真っ赤な道なのに、、、
今年は2週間も季節が先走っているんだから、、、涙

モナドノックスと呼ばれる残丘の向こうに見えてきた山頂

0619monomi2.jpg


見晴らしサイコーの山頂でランチタイム
比較的近くから雷鳴が聞こえてきてビビったけれど、幸いにも遠くに行ってしまってホッ
青空レストランのBGMとして楽しみました

0619monomi1.jpg


遥か彼方に風の又三郎広場が見える
左側に見える筋は植物観察しながら歩いてきた舗装道路

0619monomi3.jpg


楽しいランチタイムが終わってハイキング再会
舗装道路をそれて森の中に入って行った

オオヤマフスマは道筋に点々と咲いている

0619monomi4.jpg


カンボクは満開

0619monomi5.jpg


白いヤマオダマキと、、、

0619monomi6.jpg


赤いヤマオダマキがうれしい〜!

0619monomi7.jpg


ツルアジサイもまだ花が残っていた

0619monomi8.jpg


ジクジクした場所にはミゾホオズキが咲いていた

0619monomi10.jpg


ムラサキサギゴケも紫と白花が同居

0619monomi9.jpg


こんなに気持ちのいいカラマツの森もあるのよ

0619monomi11.jpg


キツネ(かな)にだまされないように、、、

0619monomi12.jpg

3年前に5月に訪れたとき、次はレンゲツツジを見たいと計画した今回の花ハイキングでした
例年ならピッタンコの時期なのに、、、今年は異常気象すぎます
が、、、季節が早まったからこそ見られた花もありました
もう少しおつきあいくださいね



  1. 2015/06/19(金) 09:46:43|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

翡翠に浮かぶ

カタクリの里に行く途中、錦秋湖の上流がそれはそれは美しくて、つい車を止めてもらった
翡翠色の流れの中にヤナギがたたずむ姿は天下一品!?

雪解け水なのか、豊かな流れは見ていて気持ちがいい

0505kin1.jpg


公園に続く吊り橋の上からパチリ

0505kin2.jpg


ヤナギもびっしりと花を咲かせていた

0505kin3.jpg


分かりにくいけど、黄緑色は全部花なのよ

0505kin4.jpg


カタクリの里で見た他の花を、、、

オオバキスミレ

0506hana2.jpg


ミチノクエンゴサク

0506hana6_201505060821215b0.jpg


ミヤマカタバミ

0506hana1.jpg


エンレイソウ

0506hana4.jpg


昨日はうれしいお出かけでした
花友のカエデさんに案内していただいてカヤランとウラジロを見てきました
カヤランは東北大植物園にもありますが、まだ見たことがありませんでした

写真で見ていただけなので、実物を見てびっくり
小さい〜!
高い木の上に咲いている小さい花、自分で見つけるのはほとんど不可能
でも、見つけるにはコツがあって、これからは気をつけてみることにします
カエデさんありがとうございました
クーミンさんとも知り合えてうれしかったです

  1. 2015/05/06(水) 08:47:19|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

西和賀カタクリの里

思ったよりアップダウンのきついカモシカコースを一周
ユキツバキは大満足だったが、あれほど咲いていたイワナシはほんのちょっぴり
でも、テリハタチツボスミレらしき花に出会った(いずれアップします)
30分ほど車を走らせて、安が沢カタクリの里へ
2年前に見たエゾエンゴザクとカタクリのコラボにどうしてもまた会いたかったの
今はカタクリ祭りの期間中だが、午後3時近かったので混雑はなかった

あの年は雪解けが遅くて、カタクリ祭りが終了した翌日(5月15日)に訪れたときがちょうど満開だった
今年は10日以上も早いというのに、カタクリは過ぎ加減
エゾエンゴサクは見頃だった

北海道なら珍しくない光景かもしれないけど、、、まさか岩手で見られるなんて!
ブルーとピンクの花畑、サイコ〜!

0505katakuri2.jpg


0505katakuri1.jpg


0505katakuri3.jpg


0505katakuri8.jpg


0505katakuri9.jpg


カタクリ群生地は西木町も有名だけれど、こちらはほとんど手を加えていない自然の状態が見られる

0505katakuri5.jpg


0505katakuri7.jpg


0505katakuri11.jpg


0505katakuri4.jpg


0505katakuri6.jpg


シロバナカタクリは遠すぎて、コンデジのズームでなんとかパチリ

0505katakuri10.jpg


カタクリの里ではスミレサイシンのシロバナにも出会った
オオバキスミレも見られたし、ミヤマカタバミもあった
2年前は時間がなくてじっくりまわれなかったが、今回はゆっくり花が見られて満足マンゾクでした
高速道路事故による2時間のロスタイムも、過ぎてみればいい思い出になりますね

テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/05/05(火) 09:00:44|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ユキツバキ

連休のど真ん中の日曜日、例年なら遠出は避けていたんだけど、、、
西和賀のカタクリが満開だというので早朝に出発
思ったほど高速道は混んでいなくてスイスイと一関付近へ
途中の電光掲示板でチラリと横目で見た「通行止め」、、、ん?
やっぱり〜、ほどなくして、ず〜〜〜〜と先から動かない車の列に合流
情報が何も無いまま、、、何分か待って10m進む、、、というイライラの真っただ中
こういうとき、スマホが便利なんですね(持ってません)
一関で下ろされるまでの2kmを1時間半もかかってしまいました
国道4号も延々と動かない状態のなか、テイシュは旧国道の道を選んで30分ほどで前沢ICから高速道に入りました
2時間のロスで西和賀到着
早速、カモシカコースを歩きました

今年はユキツバキが豊作
2年前に来たときは花がまばらだった

0504yuki1.jpg


0504yuki2.jpg


0504yuki3.jpg


ブナの花も大豊作、ユキツバキにくっつき虫の落花

0504yuki4.jpg


ブナの花が絨毯のように敷き詰められていた

0504yuki5.jpg


タムシバも豊作

0504yuki6.jpg


オクチョウジザクラは2年前と同じような開花状態

0504yuki7.jpg


イワナシが花が小さくて、個体数も少なかった
寒さにやられたのかな

0504yuki8.jpg


イワウチワはほぼ終わり

0504yuki9.jpg


下る途中の景色
錦秋湖が美しい

0504yuki10.jpg


イタヤカエデ
赤と黄色の葉が並んでいた
やはり花がどっさり

0504yuki11.jpg


トンネル内での事故だったらしいです
 一関トンネルの事故は午前8時ごろ、トンネル入り口から約100~200メートル先で発生。県警高速隊によると、2件の玉突き事故が相次いで発生し、乗用車6台、軽乗用車1台が関係した。乗車していた19人中5人が首などの痛みを訴えた。
 影響で一関IC―平泉前沢IC間の下り線が2時間20分にわたって通行止めとなり、最大12キロ渋滞した。
 
岩手日報より
前日の2日にも同じ場所で同じような時間に事故があったという
あと30分ほど早く出発していたら事故に遭わなかったかもしれない
けれど、巻き込まれていたかもしれない
人の運命なんて自分じゃどうしようもないものでなんですね

  1. 2015/05/04(月) 10:06:14|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

雪の花に彩られた中尊寺

夜中の12時近くに平泉到着
しんしんと雪が降る中を、中尊寺に向かって旗を持った添乗員さんの後を列になって付いて行く
(団体さんの醍醐味?)
街路樹の枝についた雪がまるで花が咲いたように美しい
雪は少しずつ弱まっていくようだ
40分ほど歩いた月見坂の途中で、参拝客の長い行列に合流

列はなかなか動かない
これからはガマンの時間

0104motu1.jpg


雪が張り付いた真っ白な枝にうっとり
時間つぶしに枝雪を撮ってみるが、なにせ薄明かりの中、写るはずもなく、、、
撮っても撮っても失敗ばかり
強烈なライトに照らされた部分のみが写し出された

0104motu2.jpg


1時間ほど並んで本殿に到着

0104motu11.jpg


芸術的な雪釣り

0104motu4.jpg


桜、、、ではなく、雪が満開の木
雪はとっくに止んでいる

0104motu5.jpg


ライトアップされた金色堂が美しい

0104motu3.jpg


0104motu.jpg


中尊寺での元朝参りに大満足
まだまだ時間があるので毛越寺にも行ってきた

こちらは並ばなくてもお参りができた

0104motu6.jpg


ライトアップも雪があればこそ美しいのだ

0104motu8.jpg


0104motu9.jpg

雨で締めくくった2014年

2015年は美しい雪景色で始まった

大荒れの予報は大外れ

空には☆が輝いていた

初日も期待出来そう


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/01/04(日) 09:50:10|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

安比高原のブナの森にて

安比高原の続き

ブナの森で見つけた、、、

デカキノコ
出たばかりでも大きい〜!
近くに広がった同じキノコがあったが、かさの直径が30cmはあったのでは
このお子たちも数日でお盆のように大きくなったいるでしょう

0822api10.jpg


こんなお菓子があったよね
サルノコシカケのように固いキノコで、直径7、8cmの大きさ

0822api11.jpg


巨木を育む森の主、マザーツリー
大きさに圧倒された

0822api12.jpg


苔むした根元

0822api16.jpg


看板にはクマがかじった痕跡が、、、

0822api13.jpg


自分の幹を抱き込んで同化してしまったブナ

0822api14.jpg


異種同化
右はダケカンバ、左はミズナラ、2本がしっかりとめり込んでいる
くっついているけれど、実際は同化していないんだとか

0822api15.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/08/24(日) 09:00:40|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

安比高原の花

安比高原に咲く秋の花たち

ハンゴンソウとエゾノヨロイグサ

0822api2.jpg


ハンゴンソウに付いた虫こぶ
花にまで付いている

0822api3.jpg


ヤマハハコ

0822api4.jpg


ゴマナ

0822api5.jpg


ネジバナ

0822api6_20140821134808906.jpg


クロクモソウ

0822api7.jpg


タムラソウ
(秋に咲くのでアキノタムラソウと勘違いしてみんなに説明してしまいました💦
シソ科のアキノタムラソウが初夏の頃から咲くんですね)

0822api9.jpg


ソバナ

0822api8.jpg


ヨツバヒヨドリとハンゴンソウの草原

0821api5.jpg


ナワシロイチゴ

0821api4.jpg


今朝は朝イチで町内の健康診断に行ってきた
7時開始なのに、すでに行列
近くの人なのか、番号札を事前に持って行く人もいて、7時10分ほど前に行っても既に遅し
8時までかかってしまった
家に帰って急いで朝食を済ませ、パトロールに行くテイシュに付いてジンバイソウを見てきた
個体は見つけてもなかなかきれいな花に出会えないでいたが、いい花を見てきた
明日アップします


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/22(金) 11:50:34|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

安比高原へ

安比高原に行ってきました
花ハイキングです
あらためて岩手県の大きさを実感した一日でした

安比スキー場の奥、安比高原は元牧場だった高原
まわりはブナの森になっている

現在はブナ二次林内に遊歩道を整備して公開している
森林浴の森日本100選だそうです


炭焼き用に伐採されたあとに育ったブナの二次林
いつまでも眺めていたいような美しい森だった

0821api7.jpg


中央の大きなブナは親株
ロープで囲われていた

0821api6.jpg


足元にはブナの子どもたちがギョウサン〜!

0821api8.jpg


高原入り口に「ぶなの駅」という管理棟があってトイレ完備
係員が草刈り中だった

ぶなの駅の前にある小さな湿原は花盛り

キンミズヒキ

0821api1.jpg


アカバナ

0821api9.jpg


風に揺れるエゾオヤマリンドウ

0821api10.jpg


エゾシロネ

0821api11.jpg


ヒロハノカワラサイコ
初見の花、芝生の中に1本だけ見つけた

0821api12.jpg


クサレダマ
出発間際に係員の方が咲く場所を教えてくれたうれしい出会い

0821api13.jpg


昨日は仙台も蔵王も34度越えの暑〜い日だったみたい
高原はさわやかな風が吹き抜けて避暑気分でした
でも、、、雨が降った
二次林の中は傘をさしての散策

帰りに岩手山パーキングに寄ったらサウナの中にいるような蒸し暑さ
「下界は暑かったのね〜」
みんな、優越感に浸った締めくくりとなりました
( ̄ー+ ̄)ニカッ!

次も見てね

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/08/21(木) 09:27:40|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンクリート壁に咲く花

7月31日、栗駒から焼石岳への登山口宿泊所に向かう焼石ビーチラインで見つけた花たち

マルバキンレイカ
なんと!
コンクリートを吹き付けた崖に咲いていた

0809hana4.jpg


どうしてこんな場所に?
って思うでしょ
ここだけでなく、あっちこっちに咲いていた

0809hana5.jpg


イケマ
これは石垣からぶら下がって咲いていた

0809hana2.jpg


0809hana3.jpg


クガイソウ
草ボーボーの法面に、、、過ぎていたけど

0809hana1.jpg


翌日の帰り、田園地帯で餌をついばんでいたケリの群れ
遠くて証拠としての画像だが、こちらでは珍しい光景なので

0809keri.jpg


台風の被害は大丈夫だったでしょうか
各地で水害の被害がすごくて、テレビのニュースで見ていても目を覆うばかり
被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます

こちらは毎日、毎日、雨続きでしたが、今朝は青空が見えています

台風の被害が年々大きさを増しているようなきがします
ゲリラ豪雨、突風、暴風、雹、、、異常気象続きです
やっぱり温暖化の影響なのでしょうか
エコ生活をしようとすれば熱中症の心配
近頃は節電のお願いもエアコンではなく、まめに電気を消すとか冷蔵庫の開け閉めを少なくするとか
以前とは違ってきています

我々は何をすればいいのか
どうすれば暴れ地球を鎮められるのか

ひとりひとりが考えて生活しなければならない時代なんですね


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/08/11(月) 09:48:43|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

焼石岳・泉水池まで

焼石岳続き・4

あと少し行ってみようか、、、
と歩き出したはいいが、ゴロ石の上り道が続いて花が少ない
「つまんない山だよねえ」
つい、グチってしまった
と、かすかに花色が見えてきた
ガスで見通しが悪い中を歩いてきて、いつの間にかお花畑に出ていたのだった
姥石平という標識

ガスの中に浮かび上がるお花畑

0807yake8.jpg


0807yake9.jpg



0807yake5.jpg


ハクサンシャジン

0807yake4.jpg


ハクサンフウロ

0807yake6.jpg


ミヤマアキノキリンソウ

0807yake1.jpg


ハクサンイチゲも残っていた

0807yake2.jpg


ウゴアザミ?

0807yake3.jpg


イワオトギリとハクサンボウフウ

0807yake7.jpg


ウスユキソウ

0807yake14.jpg


シロバナトウウチソウでないみたいにきれい

0807yake10.jpg


姥石平から花につられて歩いていくとまた標識が、、、
『泉水平』とあって山頂まで900mとなっていた
ベンチがあったのでそこで昼食タイム
ひめかゆで作ってもらった弁当は一人分、おにぎり2個、他に何もなし
須川温泉で作ってもらった弁当とは雲泥の差だった
朝食のおかずが残っていたのでひもじくはなかったけれど

ガスがちょっと晴れて泉水池が見えた
ここからはまた上り坂になるようで、あと900mは我々にはつらい
(しゃがんで花の写真を撮るって、相当なエネルギーを要するんだよね)
この先,花も期待できそうにないし、、、というわけで焼石岳登山はここでオシマイ

0807yake11_20140806133652f16.jpg


下り始めたら雨が降ってきた
降ったり,止んだりのたいした雨ではないけど、登山道にかぶさっている草むらがぬれている
足元がぐしょ濡れ
途中から雨具のズボンをはいた


中沼まで下りて一休み
だいぶ晴れてきたと思っていたら,みるみるうちにガスがかかった
一瞬の幻想

0807yake15.jpg


途中で雷が鳴った
我々の先に山頂を目指して行った人たち、姥石平の下で出会った花を見に行くという人たち、、、ほかに何人かとすれ違ったが、雷は大丈夫だったのかしら

ひめかゆに戻り、日帰り温泉に入って帰ってきた

長々とおつきあいいただきありがとうございました

、、、といいながら、イワカガミ湿原の花がまだ残っているのでもう少しおつきあいください(冷や汗)



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




  1. 2014/08/07(木) 09:06:06|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

つぶ沼の花たち

焼石岳の花をちょっとお休み
うれしい花を見てください

宿泊する『ひめかゆ』に行く前につぶ沼に寄って見た
(焼石岳に登るにはつぶ沼コースもあるがアプローチが長い)

ミズオトギリが咲いていた!!!
昔々、、、もう半世紀も前に仙台の高松池で一度写真を撮っただけ
それからず〜っと探してきたが、やっと、やっと再会できたうれしい花です

0804tubu3.jpg


ヌマトラノオもそう
この花もず〜っと探していたの
1本だけ、やっと咲き出したばかりだったけど非常にうれしい〜!

0804tubu2.jpg


シロバナカモメヅル
これは山奥の沼地に行くと見つかる

0804tubu6.jpg


、、、が、こんなに立派な個体ははじめて

0804tubu5.jpg


ミソハギ

0804tubu7.jpg


ノハナショウブ

0804tubu1.jpg


サワヒヨドリ

0804tubu8.jpg


0804tubu9.jpg


サンカクイの向こうにつぶ沼

0804tubu10.jpg


みやぎ蔵王には沼地や湖はほとんどない
山形側には沼が多くてうらやましい
景観的にも水辺があると景色にメリハリが出て四季折々に楽しめるのに、、、
そういうわけで、何気に寄ってみたつぶ沼に大満足のひとときだった
ルンルン((´I `*))♪



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/05(火) 09:10:10|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

怪しい雲が気になった

焼石岳の続き・3

銀明水の上の小さな雪渓を越えると、花の道が続いていた
ミヤマキンポウゲに彩られた登山道はルンルン気分
(ミヤマキンポウゲの隣に見えるゴロ石が登山道)

0806yake1.jpg


羽を広げたルリシジミ(の仲間)が美しい

0806yake2.jpg


ミヤマツボスミレは花が比較的大きい
遠くから見るとムシトリスミレに見えた

0806yake4.jpg


前を行くグループは平均年齢が若そう

0806yake5.jpg


雪渓から流れ落ちる清らかな水

0806yake3.jpg


イワイチョウもまだ見られた

0806yake7.jpg


シナノキンバイは何ヶ所かで見られた
カラマツソウとのコラボ

0806yake8.jpg


この雪渓ではヒナザクラはやっと咲き出したばかり

0806yake12.jpg


2ヶ所目の熊の糞
歩きながらやったの?
行儀が悪いよ、熊さん
左となりの草むらが熊が寝転んだようになぎ倒されていた
もう1ヶ所のは大きくまとまった糞だった

0805yake.jpg


ゴロゴロと大きな石だらけの道と、部分的に崩れている木道、、、歩きにくい事この上なし
疲れも倍増だ〜!
見晴らしのいい場所に出て振り返ってみた
早池峰方面が見えるが怪しい黒雲

0806yake10.jpg

前を歩いていたグループもこの場所で休んでいた
「山頂までまだかかりますか?」
「山頂はまだずっと先ですよ」
ここまで休憩も含めて3時間半かかっているが、、、
「もう少し行ってみようか」

だんだんガスが出てきたが雨が降る様子はない
お花畑が見えてきた


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/04(月) 09:07:39|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ 次のページ

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!


植物・花ランキング
人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード