fc2ブログ

蔵王のふもとから

あがりこ大王

あがりこ大王

鳥海山ふもとに広がる獅子ヶ鼻湿原ですアップダウンの少ない5kmの木道を2時間半ほど歩いてきました獅子ヶ鼻湿原の王者、あがりこ大王樹齢300年、幹まわり7、6mという日本最大級のブナの巨木ですかつて、炭を焼くために根株を残して伐採され続け、こぶ状に形成しながら大きくなったブナ腹のあたりをアップで、、、300年後の姿も見てみたい〜(O_O;)大王の次に大きな「しょく台」と名付けられたブナ炭焼き釜が残っていました出つ...

6
安比高原のトンボ

安比高原のトンボ

鳥海山はちょっとひとやすみ〜〜〜〜〜許されよ〜♪(^ω^)ニコッとっくに期限切れかな〜冷や汗安比高原のトンボたち、お蔵入りしたくないのでおつきあいくださいエゾイトトンボ北海道に多いトンボで本州では山地の湿原で見られるということですコンデジで動き回るトンボをとらえるのは骨が折れますカオジロトンボ顔が白いトンボで、高層湿原で見られるとか羽の付け根が真っ赤山間の湿原にサギスゲが群れていたエゾアジサイが色が...

8
霧の海に咲く花

霧の海に咲く花

鳥海山の花・2途中まで下界が見えていたのに、どんどん霧が下りてきてあたり一面白い世界になってしまいました涼しくて歩くには助かるんだけど、、、気持ちを切り替えて、晴れていては見られない霧に浮かぶ花たちを撮らなくちゃキンコウカミヤマカラマツチングルマ歩いて歩いて、やっと御浜小屋付近に到着も、、、鳥海湖は霧の海にオカクレアソバシテイマシテ、、、(涙)草むらに咲く花たちに慰められてきましたトウゲブキなどニ...

6
鳥海山の花・1

鳥海山の花・1

鳥海山登山25日、7時30分、鉾立口から登山開始まずは展望台から奈曽渓谷を展望高所から見ると名勝「象潟」が分かりやすく望める白いノリウツギがさわやかコキンレイカ(ハクサンオミナエシ)がミヤマホツツジの中から茎を伸ばして咲いていた登山道は石畳が敷かれているので、日差しが強ければ上から下から灼熱地獄?幸いというか、残念というか、この日はお日様は雲の中涼しくて歩きやすかったとこは何よりでした小さな雪渓付近に...

6
元滝伏流水幻想と大迫力の奈曽の白滝

元滝伏流水幻想と大迫力の奈曽の白滝

鳥海山麓 花めぐり2日間の旅に行ってきました1日目は獅子ヶ鼻湿原散策、2日目は鳥海湖までの登山2日間とも、雨に降られることなく予定通り、無事に帰ってきました(いえ、昨日の帰り山形道での自然渋滞に引っかかって1時間のオーバー)まずは獅子ヶ鼻湿原散策の前後に見てきた滝、2ヶ所を、、、元滝伏流水冷たい伏流水から霧が湧いて、幻想的な景観にうっとり冷たいミストシャワーを浴びての、命が洗われるようなひとときで...

4
抱返り渓谷は遠かった!

抱返り渓谷は遠かった!

22日は7月の花ハイキングでした安比高原を予定していたのに、走行距離規定に引っかってしまって、抱返り渓谷に変更でも、、、バス移動が往復それぞれ3時間半安比高原より近いとは思えませんでした梅雨明けしたようなギラギラの天気しかし、渓谷沿いの遊歩道は木立の中で渓谷からの涼風もそよいできて歩きやすかったですエメラルドグリーンの渓谷は見ているだけでも涼しい木立越しの渓谷吊り橋から下を覗いたら、、、ゾゾッ、モジ...

9
きりん(麒麟)山です

きりん(麒麟)山です

太極拳25周年暑気払い日帰りの旅は新潟・安田へ目玉はきのこバーベキューこの◯◯あっつ〜いのにバーベキューとは!でも郊外の大きな木に囲まれたきのこ会館は思ったほど暑くはなく、、、汗を流しながら7種類のきのこと牛、豚肉のバーベキューを楽しんできましたバーベキューの前後に楽しんだ観光は、、、阿賀野川沿いにある麒麟山麒麟に見えるでしょ、え、見えない?麒麟ビールのマークなっている空想の動物に似ているんだって対岸...

3
安比高原は花盛り

安比高原は花盛り

安比高原の花の続きヤナギランにばかり目を奪われていた訳ではないんです森の広場には他にも花が見られました一面のノアザミテリハノイバラがまだ残っていて、、、ノハナショウブも見頃でしたエゾノヨロイグサの茎に止まったコエゾゼミヨツバヒヨドリはこれから見頃になりそう散策路を一回りしてぶなの駅に戻ってきました霧に覆われていた中のまきばはノハナショウブが咲いていて、奥にはヤナギランの群落も見えます草むらにはウツ...

7
ミヤマフタバラン

ミヤマフタバラン

ミヤマフタバランが咲き出していました高山の針葉樹林下に咲く地味で小さなランです霧雨が降る中、地べたに張り付いてパチリオニノヤガラがまだ半分残っていて良かった〜地元の山はやっぱりいいですね午後、ちょこっと出かけてパチパチとシャッター切って帰ってきました下界は日が差していました〜(涙)2日続けて早朝からお出かけ2日とも予約投稿なりなるべく休みたくないブロ中におつきあい、ありがとうございました人気ブログ...

8
ヤナギランにまみれました〜

ヤナギランにまみれました〜

安比高原のヤナギランはちょうどの見頃どこまで歩いてもヤナギラン、ヤナギラン、ヤナギラン、、、どこをどう切り取ればいいのか、、、、興奮状態の無我夢中たくさん並べました見ていただければうれしいですこの日は風がありましたヤナギランがなびいていますそれにしても、並べましたねえ〜おつきあいありがとうございました高原にはヤナギランだけではありませんノハナショウブやミズギク、タチギボウシなどなど、、、次もよろし...

9
霧の安比高原

霧の安比高原

ヤナギランにあいたくて、安比高原に行ってきました今年は花の時期が読めなくて、迷いに迷ったけれど、、、天気の不安も抱えたまま出発しました高速道を下りて、しばらく行くとだんだん霧が濃くなってきて、、、ぶなの駅に着いたときはほとんど視界ゼロ幻想的な景色にうっとり駅舎前(トイレと休憩所)にクルマを置いて霧の中を歩きはじめました霧に浮かぶヤナギランはちょうど見頃の様子(ホッ)雫をまとったヤナギラン白いぶなの...

11
今ごろなぜ、クリスマスローズ?

今ごろなぜ、クリスマスローズ?

早春の花、クリスマスローズが咲きました暑さに弱いはずの花なのに、この暑〜い夏になってなぜ咲いたの?実は春早い時期に鉢植えを地植えにしたんですしばらくして、根元が浮いているように思って、土をかぶせましたそのせいで、何かが狂ったのかもしれません今頃花を咲かせてしまって、大丈夫かしらこれから開くつぼみが5個もあります来年のためにはこの枝を切ったほうがいいのかもねヤマユリが咲いて、庭中が匂いプンプン、、、...

8
ネムの花が見頃

ネムの花が見頃

ネムの花が見頃ですね今年はネムもあふれるほどに花を咲かせています今日は我が家の茶の間から見えるお向かいのネムをパチリネムも色のバリエーションに幅があって、これはほのかなピンク色やさしい色合い、と言えば聞こえがいいけど、、、見た目、パッとしないですリョウブも花をたっぷり咲かせています虫があまり寄って来なくて、、、涙純白の大輪の花、、、みたいでしょ実は白いフロックス、通称、天狗花という昔からおなじみの...

4
今年も。。。シデシャジン

今年も。。。シデシャジン

種で増えるのか、庭中のあちこちで花を咲かせているシデシャジンあまり目立たないけれど、個性的な花です毎年登場、今年も見てくださいね山際の崩れそうな田んぼのあぜからいただいてきた一株が、毎年花を咲かせています丈夫な花ですが、その後、自然界では見つけたことがありません草刈りで消えてしまうのでしょうね実物はもう少し小さいです草むらで見ても気がつかないかもカワラナデシコ(ノーマルバージョン)自然の中で見るカ...

10
目撃!セミの脱皮

目撃!セミの脱皮

露天風呂の外灯の下で、セミが脱皮を始めていました皮が割れるとあっという間に本体?が現れてきますカメラを取りに家に戻っている5、6分ほどでもうこんなに飛び出して、、、あらあら、見事なイナバウアー真下からパチリヒグラシかな、小さなセミでしたこの後がなかなか動かなくて、翌朝に来てみることにして帰宅翌朝、早めに行ってみたらもぬけの殻(抜け殻もなし)早朝散歩のだれかが持ち帰ったのでしょう残念!そのかわり、隣...

4
ヤギとネジバナ

ヤギとネジバナ

別荘地にヤギが避暑に来ています?内陸部気候で仙台などより気温が高くなりがちな蔵王町、避暑にはならないか標高の高い酪農センターからやってきたというし、、、熱中症に気をつけてね車道の法面の草刈りを一手に引き受けていました貫禄十分、オジーサンかな、オバーサンかな人馴れしているヤギで、遠くからメエメエと悲しそうな声が響いていて、、、近くに寄っていったら、おとなしく草を食みはじめましたあっという間に草がなく...

6
白いコマクサ

白いコマクサ

今年はコマクサの一番のみどころが立ち入り禁止になっています今頃は誰にも見られることなく、コマクサ大劇場が展開されていることでしょうたま〜に出現する白いコマクサまだ咲き残っていました(1週間前の画像です)入り口付近が分かりにくいため、ひっそりと咲いているコマクサ群落地いずれ大きな群落になりそうです賽の河原で、、、コケイランカラフトイチヤクソウ今年はやっと1本見つけただけ南屏風岳にはこの花で彩られる登...

6
ガッサンチドリ

ガッサンチドリ

ガッサンチドリが咲きはじめていました亜高山帯の林内に咲く目立たないランです草むらに同化しているので、見落としてしまいそうタニギキョウは小さいけれど、白い花が目につきます左に写っているのはヨツバムグラ渓流の対岸にコバイケイソウがきれいでしたノビネチドリはここでも人工的な崖っぷちを住処としていましたこのあたりはイカリモンガの多い場所です夕べ、8時頃、ホタルを見に外に出ました毎年、ホタルがでる水たまりが...

8
エゴノネコアシアブラムシ

エゴノネコアシアブラムシ

エゴノキに虫こぶがついていましたエゴノネコアシアブラムシこのこぶを割ったらアブラムシがウジャウジャ?そっとしておきましょうキノコが出ていました真っ赤なタマゴタケニキビだらけのテングタケ庭のオカトラノオにメスグロヒョウモンが、、、オスは毎日のように来ていたけど、メスちゃんははじめてはじめてと言えば、キビタキ我が家の近辺で毎日のようにさえずっているのに、なかなか姿が確認できずにいて、、、やっと、散歩の...

8
オオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキが見頃でしたいつも早すぎたり、終わっていたりして、なかなかピッタンコのときに出会えなくて、、、けっこうな群落でした渓流沿いの湿った場所に咲いていますオオバタケシマランもいっぱい咲いていたけど、、、下向きに咲いているので、写しにくいことといったらこの上なし!ブヨがわんさかと寄ってきて、右こめかみのあたりが刺されて、いまだにかゆいですこれから見頃を迎えるオガラバナ人気ブログランキング...

4
エコーラインを歩いてみたら

エコーラインを歩いてみたら

山形側に2kmほど下った場所から、リフト乗り場の駐車場へ車道を歩いてみましたベニバナイチヤクソウが宮城側にも目立ちますが、山形側の車道沿いにも群落があちこちで見られましたほとんど人に見られることもなく、のびのびと育っているのでしょう水がしみ出している法面にトキソウが、ゴゼンタチバナなどと競っていました御田の神近辺にはトキソウの大きなかたまりが何ヶ所かで見頃でした御田の神湿原ではワタスゲがまだ残ってい...

12
霧の中の花たち

霧の中の花たち

御田神湿原の東側の登山道を下ってみました途中から西側湿原に行くのですが、たまにはこのまま下ってみようと、、、山形側のお清水まで続く登山道です霧の中を歩きはじめましたキタゴヨウの真っ赤な雄花、雌花が同時に咲いていて、、、今年はいつになく色鮮やかですウラジロヨウラク、色が濃いのと薄いのとがありますこれは濃いピンクブッシュの下にゴゼンタチバナこの日は下刈り中道ばたのイワハゼが刈られずに残っていました湿原...

12
お釜でコマクサ

お釜でコマクサ

ただいま、蔵王のお釜ポイントまで、ハイラインでもリフトでも無料で行けます昨日は曇り空ながらお釜が見える天気大駐車場は久しぶりに半分ほど埋まっていましたお釜展望台へいくと、霧の晴れ間からお釜が見えて、、、若い女性ふたりが踊り上がらんばかりに喜んでいましたよかったね〜♪お釜展望台曲がり角の柵内でコマクサがきれいでしたコマクサに気がつかない人が多いんですよ柵があっても近くで見られる個所もあります年々、増...

6
ちっちゃなちっちゃな、、、

ちっちゃなちっちゃな、、、

最近、何やかやと小さなものづいているこのごろ、、、またまたちっちゃなちっちゃな〜〜〜クルミの葉にこんな生き物5mmほどの黒い虫と、1mmあるかないかのオコチャマ左上の白い殻から出てきたのかなちょっとさわったら糸を引いてぶらさがったので手のひらに乗っけてみたこれってクモ?カメムシ?よく見ると足が8本あるからクモかしらサルノコシカケみたいに固いキノコてんとう虫らしきものと、、、甲虫足元にやってきたルリタテ...

6
ヤマッチのヒマワリ

ヤマッチのヒマワリ

植木鉢の隅っこに芽を出したヒマワリがきれいに咲きました背丈は1mほどの小型ヒマワリヤマッチ(ヤマガラ)が隠しておいたヒマワリの種から芽を出して咲いたものと思われます花の直径が20cmもない、小さなヒマワリだけど、、、ヤマッチが「また冬に餌を待ってるよ」と言っているみたいで、うれしい気分になりましたカンパニュラの仲間去年いただいた株が増えて、今年は5本も咲いています植えっぱなしで咲いてくれる多年草ってい...

11
オールドローズのトピアリー

オールドローズのトピアリー

2週ぶりに七日原に行ったら、、、酪農センターのバラ園がほとんど花が終わっていました遅く咲くオールドトーズがかろうじて残っていたのでパチリハートの左部分が欠けていて、、、寂しい角度を変えてみたら、、、何に見えます?フフ、、アヒルのオマル?青麻山をバックにこちらはピンクのV字なでしこジャパンを祝っているようねおめでとう〜!このボリューム、すごい!可憐な花も残っていました人気ブログランキングへにほんブロ...

9
ハナムグラ

ハナムグラ

近くの空き地で見つけました2mmあるかないかの小さな小さな花ムグラだということは一見して分かったけれど、、、ピンクのムグラなんて見たことがなかったネット検索で見つけましたアカネ科のハナムグラのようですもちろん外来種(北アフリカ、ヨーロッパなど)道ばた10mほどを埋め尽くしていましたピンクのムグラにフタバムグラというのもありましたが、これは6つ葉です近くに咲いていたマンテマの仲間これも小さな花です赤いけ...

13