fc2ブログ

蔵王のふもとから

長老湖

長老湖

山形に、去年残したままになっていた宿題を片付けに行ってきたそれは岩部山奇岩の山、一年峰を歩いたとき、もうひとつの岩の山、岩部山の存在を知ったもう12月に入っていたので、来年登ろうということにしていたのだった昨日は無風の快晴こんな日は鏡不忘山が見えるかもしれないというわけで山形に向かう途中に長老湖に寄って見た無風と感じていたが、長老湖の付近はかすかに風があった湖面にはちりめん模様ができていた紅葉はきれ...

9
まだ花が見られた

まだ花が見られた

えぼしスキー場の紅葉を見た後は、ぐ〜んと標高を下げて川原へ花探しにもう花はほとんど終わっているけれど、草刈りした後にまた芽吹いて咲いた花も見られたカワラナデシコこんなにきれいに咲いていてくれてありがとう、、、ですねセイタカアワダチソウは堤防を埋め尽くしそうノコンギクは強い、まだまだ見られるゲンノショウコ、花と実とベニバナボロギクサワヒヨドリはまだ形が残っていた風に揺れるチガヤ晩秋の草むらこういう風...

4
えぼしスキー場の紅葉

えぼしスキー場の紅葉

27日、えぼしスキー場付近の紅葉色付きは透明感があってとてもきれいでも、まだら紅葉というか、早い紅葉、遅い紅葉の差が大きいように思った蔵王の初冠雪が発表されました平年より遅く、去年より早いとかaoikesiが乗っている車はもう冬タイヤに交換、いつ雪が降っても大丈夫〜!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪えぼしスキー場では片傾斜の改修工事と、水仙の植え付け中だった翌日は雪、このゲレンデも白くなったのかなサンカクヅル、スッパ〜ッ夕...

10
雪虫飛んで、、、雪

雪虫飛んで、、、雪

雪虫はしばらく前から飛んでいたが、昨日の朝はいつになく群れて飛んでいたやっぱり、、、今朝はエコーラインに雪が積もったらしい雲に隠れて雪の様子が分からないが、刈田岳山頂のウエブカメラに雪がくっついていた雲が晴れれば初冠雪になるんだけれど雪虫をパチリ画面の隅っこにやっととらえたたった1匹クロスズメバチもパチリ口になにかくわえているおまけはヒマワリの花ヤマガラが隠した種から芽がでて花が咲いたミニヒマワリ...

7
帰り花

帰り花

四彩展が終わりました最終日は快晴の日曜日、各地で行事が満載、行楽日和、、、会場はから〜ん(涙)寂しい最終日になりましたが、トータルでは大勢のみなさまに足をお運びいただきましたブロ友さんにも来ていただきましたうれしかったですありがとうございました帰り花(狂い咲き)、、、ストックの中から狂ってしまった気候に、花たちも咲き時を間違えてしまうのかしらベニバナニシキウツギシデシャジンコバノタツナミここからは...

6
四彩展最終日

四彩展最終日

寿丸屋敷での四彩展もあっという間に最終日です昨日も大勢の皆さんにお越しいただきました今日も快晴の行楽日和、お帰りにでもフラッとお立ち寄りくださいな我が家を狙うアオゲラ、とうとう現行犯キャッチ〜!アオゲラが突いた穴だらけの別荘が目立つこのあたり我が家にもたまにやってきてはゴンゴンと突き始める証拠を撮りたいとそ〜っとのぞいてもいつも逃げられていた先日、とうとう現場をキャッチ2日続けてパチリシャッター音...

10
寿丸屋敷「四彩展」2日目

寿丸屋敷「四彩展」2日目

寿丸屋敷で開催中の四彩展も2日が過ぎました朝から天気に恵まれ、お客さんの出足も好調いろいろな方とおはなしが出来てうれしい一日でした寿丸屋敷の秋、みいつけた〜ヘクソカズラモチノキ今日も朝から快晴行楽日和、、、ですが、、、寿丸屋敷にも足をお運びいただけたら、、、とお待ちしております☆d(o⌒∇⌒o)b ★にほんブログ村...

5
寿丸屋敷にて

寿丸屋敷にて

昨日から始まった四彩展心配していた天候も晴れ間も見えて、穏やかな日になりました知り合いの人がボツボツと訪れて話が盛り上がったり、展示品の説明をしたり、、、だけど、寒かった〜!「画」の千葉裕子さんのコーナー一昨年亡くなったご主人の作品も展示しています「染」の柴田さんのコーナー草木染めのショールや小物などを展示「布」の小川さんのコーナー和布を使った小物がたくさん右奥に隠れている鬼さんがかわいいaoikesi...

8
四彩展が始まります

四彩展が始まります

今日から四彩展が始まりますこれから会場に行って作品の展示です会場の様子は明日アップします大好きなピンクのぼかしのサザンカ5、6歳の頃の思い出につながる花ですにほんブログ村...

4
ぶらり白石の旅

ぶらり白石の旅

中学時代の同年会に行ってきた会場は鎌先温泉2年ぶりの再会に4組200名中、35名が集まった(病気で参加できない人や亡くなった人も多くなってきた)午後3時の集合から就寝まで、しゃべるしゃべる、、、中学時代の思い出、お姑さんの介護、ご主人の介護、孫の世話、自分の体調、、、宴会中も話は尽きない翌日は我が2組(参加者13名、一番多かった)が恩師との会食の前に白石の町を散策した武家屋敷通り(小百合さんのCMで有名に...

6
小鳥たちも飽食

小鳥たちも飽食

すっかりなついてしまったヤマガラのヤマッチ最近はガラスに向かってホバリングしながら餌をねだっていた手にヒマワリを乗せたら早速やってきたでも、カメラを見てギョッ毎日やってきては餌を催促していた他のヤマガラも入れ替わり立ち替わりやってきたシジュウカラもやってくるウフッ、ゴジュウカラも来たよもうヒマワリ空っぽどっかにはさまっていないかなおっ、めっけ〜そんなある日、脇腹に怪我をしたようなヤマガラがやってき...

12
イワヒバ

イワヒバ

イワヒバが密集している岩場があった岩場に生えているからイワヒバ、、、なのね個体は小さくて、岩場に張り付いてやっと子孫を温存しているような状況だったキリンソウ(かな)の紅葉森の中では、、、オヤリハグマが見頃リンドウナンブアザミかマルモリアザミというのもあるはずだけど、アザミは難しいオヤマボクチセンダイトウヒレンアオヤギソウシラキの紅葉が美しかったナニゲに「イワヒバ」で検索してみたら、、、自生している...

8
リュウノウギク

リュウノウギク

リュウノウギクが見頃だった花がなくなった時期に見られる貴重なリュウノウギク何年かぶりで自生地を訪れた岩だらけの山で、強風にも耐えて咲く真っ白な花葉をもんで嗅ぐと竜脳の匂いがするというけど、、、この日は風が強くて、息を殺してシャッターチャンスを待ったママコナコシオガマがたくさんあったが、花が残っていたのはこれだけ稲刈り中の子どもたちこんな体験が出来る子どもたちがうらやましい、、、丸森にてにほんブログ...

5
リスの森

リスの森

散歩をしていたら、かすかにカツカツという音が聞こえた茂みの中を探したら、、、いたいた〜リス君暗くてほとんどシルエットこちらに気がついて、、、じゃましないでよ、と言わんばかりに隣のクルミの木に移ったしばらく気配を消して見ていたら、高い枝から下りてきたふと、こちらのカメラに気がついたらしく、すぐに逃げられてしまったあとはすばしっこくてカメラで追いかけられなかった別の日に、同じ森で大きな鳥を見つけたナ、...

6
マンサクの虫こぶ

マンサクの虫こぶ

珍しい虫こぶを見つけたまるでマンサクの花が咲いているよう〜花ではないという証拠は虫がはい出した小さな穴切り取って大きくしてみた黄色くて、一見、マンサクの花に見えると思いませんか調べたら、マンサクメイガフシワタムシの1種というなんと長ったらしい名前だこと東栗駒の登山道沿いで見つけた虫こぶつながりで、、、シキミについていた虫こぶシキミハコブフシという名前を見つけたが、これは実だから名前は違うかも近所に...

7
片貝沼、ドッコ沼の紅葉

片貝沼、ドッコ沼の紅葉

坊平高原のあとは、片貝沼とドッコ沼の紅葉を見てきた7、8年前に見た空まで染まるようなすばらしい紅葉をちょこっと期待して行ったけれど、、、パラダイスゲレンデの紅葉はこれからが本番片貝沼入り口の紅葉片貝沼ドッコ沼沼近くに毎年咲くアメリカオニアザミ蔵王権現の像これらの写真は台風が来る前、11日に撮ったもの台風に飛ばされて紅葉はもうすっかり裸木になっているかもしれません今年はせっかく色付いても、木にとどまっ...

6
坊平高原

坊平高原

標高1000mの坊平高原は高地トレーニングの場として使われているこの日もスキー部の高校生がトレーニングをしていた我々ロートルは若者の邪魔にならないように、早々と引き上げてきた白樺とナナカマドのコントラストホウノキの紅葉がシックだったナナカマド並木草地にはまだ花が見られたワレモコウヤマハハコノコンギクコウゾリナ台風の被害はありませんでしたか今回は宮城県にも爪痕を残して行ったようです今朝の全国ニュースを見...

8
蔵王坊平・お清水の森

蔵王坊平・お清水の森

坊平のスキー場手前にお清水(おしず、あるいはおすず)と呼ばれているこんもりとした森がある歴史的に興味深い森だが、今回は紅葉をメインに歩いたというか、今までも何度か訪れているが、歴史的なことは全然気にしていなかった帰ってからネット検索したらいろいろあって、また訪れたくなったゲレンデ側から見る森、日差しが射しはじめた幻想的な光景急な杉山を登っていくとブナの大木が現れる上り詰めたところに西国三十三観音が...

4
オラホの紅葉

オラホの紅葉

オラホの蔵王の紅葉だって栗駒山に負けていないよ〜って言いたくて、快晴の昨日、蔵王エコーラインに行ってきた三階滝の紅葉は、、、まだはじまったばかり不動滝方面もまだまだ雲湧谷をのぞいてみたけどやっぱり、、、見頃は3、4日後かな澄川スキー場あたりが色付いていた(写真なし)でも、自慢できるほどの美しさではなかった賽の河原はすっかり紅葉は終わっていて、エコーライン沿いにはびこっているハンノキ類の薄汚れた葉だ...

7
栗駒山の草モミジ

栗駒山の草モミジ

お弁当で腹ごしらえのあと、東栗駒山頂まで10分ほどの散策もう歩きたくない、という人はお留守番ハイマツの中のドウダンがまだ残っていたフフ、すごいパノラマに見えるけど、、、ちょっぴりのドウダン、写真の魔術なのだ東栗駒山のテッペン〜テッペンから眺める栗駒山ズームしてみると、土むき出しかと勘違いしていた茶色は草モミジだった緑と草モミジの境界線あたりに中央コースの登山道が手に取るように見える光線の具合で草モミ...

6
東栗駒山に到着

東栗駒山に到着

東栗駒への道は台風の影響も残っていて悪路この上なし水たまりがあったりつるつるの粘土質の道があったり、、、さらに大きな段差も何ヶ所か越えなければならなかった背の低い人にとって、大きな段差を越えるのに、何倍ものエネルギーを使うことになるなんとか悪路をクリアしたと思ったら、大きな沢に出たところどころ、石を飛び越えるスリル足場のない大岩をよじ上る最大の難関もどうにか突破やっとフツウに歩ける登山道に出てホッ...

10
栗駒山の紅葉

栗駒山の紅葉

10月の花ハイキングはいわかがみ平から眺める栗駒山の紅葉例年なら、この時期、紅葉はバッチリのはず、、、ところが今年は紅葉が異常に早く進んでしまったおまけに2日前の台風、、、いわかがみ平から中央コースを登る予定だったが、添乗員のFさんの提案で東栗駒を目指したこれが誤算だった花ハイキングのメンバーには少々どころか、大変過酷な山登りとなってしまったいわかがみ平駐車場から東栗駒コースを歩き始めて間もなくの景...

10
ヒメシオン

ヒメシオン

遠くから見たときはハルジョオンかと思ったでも、花が細かいかな、、、近づいてみたら、何これ〜!横川から七日原に向かう山中の、田んぼの土手に固まって咲いていたゴマナに似ているけど、葉がヘラ形でシューとしたスマートなオスガタ丈は50cmほど外来種かと思ったけど、、、、ヒメシオン九州から本州に自生しているれっきとした日本の植物でしたヒメジョオンの名前の由来にもなったということ比較的まれな花らしい昨日の台風はあ...

11
秋を探して

秋を探して

天気がいい土曜日、秋を探しに出かけてみたエコーラインを行けば紅葉は確実に見られるが、たまには違う景色もいいねということで、まずは長老湖へ不忘岳の中腹まで紅葉が下りてきている湖のまわりはやっと色付き始めたばかり湖を一周しようかと思ったが、紅葉には早いし、花はほとんど期待できないし、、、そのまま、七ヶ宿へ途中のハス畑に一輪の花が咲き残っていたここは八重咲きのハス畑スイレンも隣に一輪七ヶ宿ダムの対岸を車...

8
ひっそりと、、、秋

ひっそりと、、、秋

近場で見つけた秋ひっそりと咲く秋地続きのお隣さんの別荘の庭に咲いていたリンドウセンブリマムシグサの実はノコンギクを従えてハマギクに小さな虫季節を間違えたツツジにほんブログ村...

8
ヤマボウシ、、、折れそう

ヤマボウシ、、、折れそう

自分のうっかりミスにはあきれてしまいます「キバナジョウロウホトトギス」って書いてしまって、、、何年か前にも同じことがありました数日前にアップしたときはちゃんと「キイジョウロウホトトギス」って書いたのに、、、(汗)カギコメさん、ありがとうございます今日はお向かいさんのヤマボウシ細い木に実がびっしり雨が降って、風が吹いたら折れてしまいそうヤマボウシでジャムを作ったことがあったっけ種を漉して、クエン酸で...

6
(キバナ)キイジョウロウホトトギス

(キバナ)キイジョウロウホトトギス

たわわ!に咲いたキイジョウロウ(紀伊上臈)ホトトギス(ごめんなさい、キバナではなくキイでした)こんなに見事に花をつけたのは15年くらい育てていてはじめて丈夫な花だけど気難しい放っておけば鉢の中が根でびっしりになってしまう直射日光が苦手で、日差しが当たると葉焼けしてしまう花が開くまで日陰で育てていた花期も短いきれいな時期はほんの2、3日たちまち茶色に枯れてしまう今年は雨が多かったのでそれがよかったのか...

9
諸橋近代美術館

諸橋近代美術館

ずう〜っと気になっていたダリのコレクションで有名な諸橋近代美術館いつも時間切れで寄ったことがなかったこの日は檜原湖を一周してもまだ昼までには時間がたっぷり絶好の芸術鑑賞日和〜d(*^v^*)b建物からして美しい〜ウットリスイレンが一輪、にくい演出カメラをぶら下げていたら、彫刻の部屋はストロボを焚かなければ写真OKです、という説明があったお言葉に甘えて、数点の彫刻をパチリしてきた彫刻の部屋全景タイトルが付い...

12
裏磐梯曽原湖

裏磐梯曽原湖

裏磐梯の続きがまだありますおつきあいくださいねペンションは曽原湖畔にあって最高のロケーション庭に一歩出れば満々と水をたたえた湖、ちょっと裏に行けばハーブガーデン(ハーブガーデンの花は終わっていたが、、、)同宿していた男性は朝からカヌーで湖を巡っていたベレー帽をかぶった磐梯山を映し出す曽原湖一瞬の光に浮かび上がる小島みっつ夕闇迫る曽原湖曽原湖の朝期待していた朝霧はほとんどなかった(涙)朝日に染まる磐...

10