fc2ブログ

蔵王のふもとから

岩谷観音磨崖仏群

岩谷観音磨崖仏群

今年一年、大勢のみなさまに蔵王のふもとに来ていただきましたいつも感謝しながら更新しております花が好きで、山が好きで、蔵王のふもとに住み着いて13年目に入りました今年の一番のニュースは、、、一眼を卒業してミラーレスに買い替えたことかな重い一眼をかついでの山歩きに疲れてしまったからです慣れないラーレスに失敗もありましたが、一眼では出来ない遊びもできて楽しいですね拙い写真のBlogですが、これからもよろしくお...

7
積み上げる

積み上げる

福島の信夫山にすごい遺産があるプレートには小金山公園としか書いてないけれど、、、斜面一面に石垣が積み上げられて、段々畑のようになっているいつの頃の石垣なのか、何のために積んだものなのか、、、小さな石を営々と積み上げて行く労力を考えると気が遠くなりそうちゃんとした説明があればすばらしい観光資源になると思うけどねえ〜クリの木とユズの木の林になっていた公園内を巡る遊歩道がついているユズの花国見のレンガ眼...

6
冬らしくない蔵王のふもと

冬らしくない蔵王のふもと

一度雪が積もったけど、その後、あまり降っていないスキー場にはしっかり積もっているらしく、ナイター営業をしているいつものウオーキングで、蔵王の冬らしくない光景をパチリセイヨウタンポポが土手の日だまりに点々と咲いているあるお宅の庭先のバラがまだきれいに咲いているクスサンの抜け殻とイラガの繭が仲良くパチりサギが珍しくこちらに気がついていないしめしめ、じっくり観察堰堤に近づいて、、、乗り越えて、、、滝まで...

8
飯坂温泉は坂の町だった

飯坂温泉は坂の町だった

旧堀切邸を見学した後はウオーキングをかねたぶらり旅マップをもとに坂道を探して歩いた地理に強いテイシュは老眼のメガネを忘れてあてにならない近眼の自分はいくらでも小さい字が見える、、、が、「地図の読めない女」に近い方向音痴行ったり来たりの珍道中となってしまった坂道がいっぱい八幡神社鯖湖神社温泉タンクかな三味線の店見そこねた場所と食べそこねた餃子があって、、、また訪れた〜い...

6
飯坂・旧堀切邸

飯坂・旧堀切邸

飯坂温泉街にある旧堀切邸を見学堀切家は江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家補修、復元整備し、平成22年5月に開館したという無料で開放しているボランティアガイドが案内してくれが、マニュアル以外の質問をするとオロオロたのしいガイドだった母家表門座敷内船底天井3棟の蔵には展示物が金庫洋行の際に使用したトランク約4,000㎡(約1,230坪)の広〜い敷地真ん中にあるのは古井戸足湯と手湯が作られており、誰でも自由に利...

6
手代木沼も、、、

手代木沼も、、、

毎週、角田に通う途中で手代木沼を通過する横目でちらっとしか見られないが、ハクチョウもカモもほとんど見えない忘年会の日、時間に余裕があったので寄ってみたやはり、沼の道路のそば側には水鳥の姿はほとんどない奥の沼に行ってみたこちらにもハクチョウはいなかった岸辺にオナガガモがかたまっていたキンクロハジロなどは沼の真ん中あたりトリミングしてやっと確認できるつくねんと立っているサギの前をマガモの一団が通過日が...

8
シジュウカラの悲劇

シジュウカラの悲劇

散歩をしていたら、聞き慣れない音がするガシャッ、ガシャッ、、、ギョギョ!あんた、そんなとこでなにしてるの〜!電柱の支えのカバーの隙間から顔を出したシジュウカラがもがいているではないかいくらもがいても、小鳥の力では隙間は広がらない隙間をこじ開けてシジュウカラを出そうとしたが、さらに奥に潜ってしまったしっぽをつかんで取り出そうとしたら、、、しっぽが何本か抜けてしまったゴメン!!!仕方ないので足をつかん...

8
ハクチョウはどこへ

ハクチョウはどこへ

久しぶりに大河原のハクチョウ飛来地によって見た鳥撮りさんたちがいつも集まっていた場所早朝の朝霧に飛ぶハクチョウが狙い目だったらしい車を置いて堤防から眺めたら、、、なんか寂しいじぇじぇじぇじぇ〜!ハクチョウテラス?に来てみたがハクチョウはおろか、カモ類の姿もない対岸に数羽のオナガガモが見えただけ原因は橋かなあ1、2枚目の画像に見える、、、右側の橋は白石川にかかる橋左奥に見えるのは東北本線にかかる橋毎...

4
ある日の日記

ある日の日記

12月21日(土曜日)今日は朝から雨が降っている昨日のみぞれがまだ解けないで残っている、ということは、、、雨降りなのに気温が低いのだと思う午後から、ヒカリちゃんのバレエ発表会に行ってきたヒカリちゃんは近所の小学3年生の女の子生まれた時からず〜っと成長を見守ってきた孫のような子だ会場のえずこホールは満員で2階席で見てきたおねーさんと一緒にかわいい子どもたちが一生懸命踊っていて胸があつくなったヒカリちゃん...

10
ウツボがうようよ

ウツボがうようよ

仏花のセットに入っていたカンガルーポーズームしてみるとなかなか面白い実はネタ切れなんだけど(冷や汗)ウツボだよ〜ん...

9
凍雨かと思ったが、、、

凍雨かと思ったが、、、

シャーベットの雪2年前に「凍雨」と「雨氷」を見た記憶があったのでもしかしたら、、、と思ったが、単なるみぞれらしい凍雨になるには寒さが足りないようだずぶずぶのみぞれに折れそうなウメモドキウメモドキの奥はヤマウグイスカグラしずくが落ちる様子を連写でパチリ凍雨ではなかったけれどきれい重みで倒れてしまったあわれなイソギクもヒヨドリを追加...

8
羽前街道

羽前街道

今日は雨、雪ではなく雨降り比較的暖かいが、、、最近の寒さで、狂い咲きしていたタツナミソウやシデシャジンも写真を撮る前に枯れてしまった前に撮っておいた羽前街道をアップ羽前街道は蔵王町宮~永野~四方峠~川崎町、そして笹谷峠へと抜ける古道平沢地区花町から川崎町まで、昔ながらの峠道がそのまま残っている(花町はかつては猿鼻と言われていたが、かっこわるいということで改名されたと聞いたことがある)秋に開催される...

8
マメナシ

マメナシ

青麻山の麓の、梨畑の中に放置畑がある相当の年季が入った放置畑、、、と見たそこでは梨以外の実も見られるそんな中に、、、なにこれ〜!小さな実だけれど、しっかりとナシの形、色接ぎ木の土台が伸びて実をならせたのかネットで調べたら、、、これは「マメナシ」で、やはりナシの土台に使われているということ愛知県に自生地があって天然記念物に指定されているということも分かったノイバラも大きなブッシュを作っている近くにい...

4
サンシュユの里

サンシュユの里

青麻山のふもとのサンシュユの里に行ってきたサンシュユの里って?はい、勝手に命名です梨畑の真ん中に、なぜサンシュユの並木があるのか、、、梨とサンシュユの関係は?鈴なりのサンシュユ、、、土手の土の部分は風に振られる実で削られたものかと梅の花もチラホラ、、、日当りがいいんだね3年前にこの時期に一面に咲いていた木は切られてしまった一部の梨が収穫されずに鈴なりお正月用かなあMacに内蔵されているiPhotoに写真を...

7
冬でも緑・・コケ

冬でも緑・・コケ

冬枯れの中でコケの緑にホッとする小さな小さなユキノシタがコケの中でかくれんぼコケにも名前がついているはずだけれど、、、...

6
鉾附神社

鉾附神社

雪降り3日目の朝いや〜、とうとう本格的に積もりました12cmの積雪なり1、2cmくらいの積雪ならきれいだけど、、、湿ったベタ雪なのでなおさらオモックルしい景色になっています車道は解けているので、除雪しなくても車の走行に影響はなさそうウメモドキも雪につぶれそう〜昨日、雪が積もる前に撮ってきた、、、鉾附神社源義家が、小原の清水峠から放った矢が突き刺さったという丘に建てられた神社小原からここ、蔵王町まで何キロ...

6
雪に装う

雪に装う

今朝も雪1cmほど積もった早速、雪化粧のウメモドキを、、、昨日と同じアングルからうっすらと雪をかぶったわらべたちイソギクにも綿帽子えぼしスキー場は滑れるようになったかなあ12月1日にオープンしてからず〜っと開店休業状態だったから里は暖冬のほうがいいけど、山にはどっさり降ってほしいですね...

10
初雪

初雪

初雪ですちらついたことは今までもあったけど、白くなったのは今年はじめて、、、と言っても1〜2mm雪をかぶった赤い実にはならなかったガソリンを入れに行った帰りにハクチョウ飛来地によって見たハクチョウを撮ったのも今年初他にはオナガガモが多かったが、、、ダイサギ(かな)キンクロハジロオオバン...

8
谷山ダムのイイギリ

谷山ダムのイイギリ

チャンコさんがアップしていたイイギリを見て、、、そうだ、こちらでも見られるんだ〜と、、、谷山ダムに行ってみたたくさん実はなっていたけれど、、、色あせていた山の中に点々と目立つが近づけない谷底に残された崖ダムは水が極端に少なくなっていたオシドリが来るダムなのだが、いたのは、、、...

8
柿のある風景

柿のある風景

山形で見つけた、、、日本の原風景(12月1日撮影)柿のある風景小学生のころのはなし写生の時間が大好きだったが、秋の景色はめんどくさかった田舎の学校ゆえ、どこを見ても柿の木があるオレンジ色で点々と柿を描くのに飽きていたのだったこれまた珍しい景色新幹線と乗用車が並んで走っているなんて、、、稲のひこばえが緑色、、、暖かいんだなあでも今頃は雪に隠れてしまったか昔を思い出して絵にしてみました(1枚目と2枚目)...

11
キツツキ屋敷

キツツキ屋敷

キツツキ屋敷・・・その1今までも何度か登場しているキツツキ屋敷穴が増えるたび、修繕してきたようだ(色が違って見える部分が穴をふさいだ板、テングスを張ったときは1月ほど無事だったが)最近も5、6個の穴をふさいでいたところがその翌日には2個の穴が開いていてその2日後には3個の穴になっていたそして2日後には4個になりその翌日には5個の穴!すばしっこいアオゲラ穴を開けている現場は捕まえられなかったが、、、...

8
いたずら書き?芸術?

いたずら書き?芸術?

摩訶不思議なものを見つけた何の変哲もないツリバナの葉だが、、、子どものいたずら書きのような模様見ようによっては芸術もうお気づきですね、、、黒い点超マクロで撮ると、、、ほらさらにトリミングすると、、、ダニのような虫が、、、これ、1mmほどの大きさなんですよよくよく見ると、薄〜い表皮の中に入っているようです野菜の(トマトなど)葉の中を這い回って白い筋をつける虫と同じ仲間かなこんな小さな虫にも名前があるん...

6
今朝の雪

今朝の雪

昨日の夕方から雪まじりの小雨が降っていた夜も少し雨音がしていた寒ければ積雪なのだが、、、ザンネン、今朝の積雪はこれだけ初積雪とは言いがたいテラスのテーブルにチラホラと白いもの(先月の終わり頃からヒマワリを置いているが、まだシジュウカラが時折やってくるだけ)アップすると雪の結晶がなんとか確認できる山形に行くとき、七ヶ宿の道路沿いに見られたツルウメモドキ遠目にも真っ赤に見えて、この実も大豊作黄色い殻が...

10
山形・戸塚山

山形・戸塚山

一年峰からあまり遠くないところにところにある戸塚山にも登った登山口はとつかやま幼稚園の庭先のような場所「どんぐり広場」の中にあった木で作られた遊歩道を上る幼稚園児のようなトンボが仲良く遊んでいた10分ほどで尾根道になる見下ろせば山形新幹線が走っていたサルトリイバラがきれい反対側に見えた景色山頂には戸塚山古墳が並んでいたここからUターンすれば30分もかからずに駐車場に戻れる我々はそのまま下りの道を取った...

10
オトナカラー

オトナカラー

暖かい日が続いているせいか、アジサイの花殻がいつまでも美しいこれぞオトナカラー高級感が漂っている、、、と思いません?...

8
木の実豊作

木の実豊作

紅葉が終わって、葉が落ちてしまうと目立つのが木の実たち一年峰は実を付ける樹木が多かったエゾユズリハアズキナシコシアブラあまり見かけない実ウラジロノキナツハゼナナカマドそしてムキタケ、、、少し収穫この日はもうひとつ、戸塚山にも登った今朝はネットが劇的に早いしばらく前からLETにつながっていたようだが、3Dよりはまし、、、という程度だった昨日もなかなかアップした画像が出てこなくて、確認しないままPCを閉じて...

9
一年峰って?

一年峰って?

「一年峰」という山の名称も興味ありますよね〜ネットで調べたら慈覚大師の開山といわれる。貞観2年(860年)に大使が山に1年間こもり、修業を積んだ事から一年峰と称するようになった。やはり由緒正しいすごい山だったなぜこれほどの山が見過ごされているのか、、、山形には観光資源があふれるほどあるからかなあ〜それとも知らなかったのはaoikesiだけ?ごめんなさい!またまた画像を大きいままでアップしていました今頃修...

9
奇岩の山・一年峰

奇岩の山・一年峰

登山口から頂上まで500mほどという一年峰(いちねんぽう)短いけれど、急な岩盤の登りなので滑りやすくて油断は禁物いよいよ舞台は序章から中盤へ奇岩には名札がつけられている樹木の間から山頂付近を眺望獅子というよりトカゲに似ているけど押し寄せる波お〜、なかなかの眺めじゃ〜梯子岩にかかるはしごを登って、いよいよ舞台はクライマックスへと続く...

10
修験道の山・一年峰

修験道の山・一年峰

常に張っている我がアンテナに面白そうな山が引っかかってきた奇岩の山、一年峰(一念峰)修験道の山だと言う今まで聞いたことがない山ネットで調べて出かけてみた山形、高畠と米沢の境に位置するぶどうまつたけラインを通ってそれらしい山を見つけた遠くから見てもそれと分かる奇岩の山控えめな看板をめっけ道ばたに車を駐車して出発石灯籠が雪囲いされていた!、、、雪が深いんだろうねえ10分も歩くと奇岩が見えてきた期待感が高...

6
灯がともるころ

灯がともるころ

ガス灯、、、シデシャジン天使の灯、、、ホタルブクロ燭台、、、カリガネソウさあて、何の花殻でしょうホタルブクロカリガネソウシデシャジン当てはめてみてね〜♡...

10