fc2ブログ

蔵王のふもとから

草原は秋

草原は秋

雨続きの7月、暑〜い8月、、、これらを理由に蔵王にはほとんど行かなかった毎日のように蔵王にパトロールに出かけるテイシュを見送るだけだった久しぶりに白石スキー場に行ってみた大量のオオナンバンギセルの花殻を恨めしげにながめた白女の山小屋跡を通って続いていた不忘への登山道は、、、手前のゲレンデを斜めに横切るように付け替えられていたゲレンデはススキの原になっていたハンゴンソウとシシウドがススキに負けじと伸...

10
アケボノソウ

アケボノソウ

アケボノソウ悲しい知らせが舞い込んだ親友のご主人様が急逝されたと、、、今はただ次の知らせを待つばかり...

8
疑問ふたつ解決

疑問ふたつ解決

最近の疑問が解決!先日の、月山の白い卵のようなものをまとった毛虫に卒倒しそうだった人はスルーしてくださいね・・・・・・・・その一月山自然博物園で見つけたゾゾ〜ッとするような不気味な物体は、、、寄生蜂・コマユバチの蛹だそうで(ネットでめっけ)この白い卵のような蛹をよく見ると、中に虫が入っている蛹を破ってコマユバチが出てくる様子ってどんなん?これぞ恐いもの見たさその二8月初めにアップしたカブトムシの残...

8
小さな花火大会

小さな花火大会

この夏、どこの花火も見ないでしまったなあ〜、と思っていた24日苑内の花火大会が今年も開催された橋の上から上げる小さな花火でも近いので迫力があったコンデジで撮ったささやかな花火を、、、見物客もリラックス家庭的な花火大会〜でしょ♡この奥に模擬店が並ぶ本部があって、そちらはもっとにぎやかなんだけど橋の上で上げるので、車を一時止めるひときり花火が終わると車のお通り〜この繰り返しで3、40分ほどでおしまい、、...

8
月山自然博物園の魅力

月山自然博物園の魅力

月山自然博物園の残りの花たちシロバナカモメヅルツルアリドウシ、、、ふたつ並んだ白い花赤い実、、、点が2個並んでいて豚の鼻と呼ばれているそうな、、、ミヤマニワトコムカゴイラクサはじめて見た、、、キノコ?3cm弱の小さな黒い物体粘土質の道の真ん中に3本ばかり出ていたネイチャーセンターの人も分からなかった急いで撮るのであとから確認したらピンボケ(涙)周海湖、、、木が大きくなって湖が見えなくなりつつあるブナ...

8
カリガネソウ咲いた

カリガネソウ咲いた

いつの間にかカリガネソウが咲いていたそれにしてもユニークなフォルムヤマジノホトトギスが花壇のすみに細々と咲いているタイワンホトトギスもソライロアサガオも花の数が少なくなってきたこれは最盛期の頃に撮った近くの空き地のコナラに集まってくる虫たち10日ほど前に撮ったもの、賞味期限ギリギリでアップカブトムシとカナブンの小競り合いルリタテハは優雅にサト(ヤマ?)キマダラヒカゲチョウ昨日は角田太極拳教室体験講習...

8
怖いもの見たさ

怖いもの見たさ

まずは美しい花を見て心穏やかに、、、フキユキノシタ数本が固まって咲いていたけれど、、、ここは橋のない沢を渡る場所足場が悪くて男性に引っ張ってもらいながら、皆さんやっとこ渡ったので花を観賞するどころでなかったサワオトギリミズタビラコオニシモツケクロクモソウ、、、まだつぼみオオヤマサギソウ花付きが抜群なのに、何かの下になってグニュンと曲がっていた、ザンネンアクシバ・・・とここまではどなたでも安心してみ...

6
エゾアジサイの宝庫?

エゾアジサイの宝庫?

蔵王ではとっくに終わってしまったエゾアジサイがコース中ず〜っときれいに咲いていたネイチャーセンター前広場にはアジサイ通りと言えるような小道が散策路を彩るエゾアジサイクロバナヒキオコシはやっと咲き出したばかり5mmくらいの小さな花レンズテクニック(笑)でドアップサカハチチョウ蛾、、、羽を広げると7cmくらいの大きさ産卵中どちらも連写が間に合わなかったのでピンボケ(汗)オオゴマシジミらしい産みつけられた卵...

6
月山自然博物園は面白い

月山自然博物園は面白い

自然博物園、といっても人工的なものはほとんどない修験の道をそのまま利用している散策路が続いている特に今回歩いた石跳川コースは登山道として扱われている花はもちろん、時として面白い生き物にも出会う今回は特にうれしい収穫が多かったオタカラコウが見頃シシウドとコラボシシウド(自然博物園のHPによるとミチノクヨロイグサに改めとあるが、、、)ハンゴンソウオニヤンマが我々のすぐ目の前、散策路の真ん中で産卵していた...

9
ショウキラン〜初ご対面!

ショウキラン〜初ご対面!

花ハイキングは月山自然博物園へ石跳コースから春木戸へ行き、原生林コースを下るという本格的な登山になった誰一人脱落することなく歩き通して、花ハイキングの皆さんはもう立派な中級登山者!橋のない川を飛び越える時が大変だった(2回も!)今回は大収穫!”これなんですかあ”と言われて見てみたら、、、ナント、、、ショウキランが咲いているではないかあああほんの道ばたの踏まれてしまいそうな場所に!大興奮で舞い上がって...

5
超マクロ遊び

超マクロ遊び

透けるドアップ透ける・・・コバンソウ、ヌスビトハギドアップ・・・ヨウシュヤマゴボウ、シデシャジン、コバギボウシ、オオバギボウシの園芸種予約投稿です...

5
脱ぎ捨て〜

脱ぎ捨て〜

アハン、ナマメカシ〜キャ〜、殺し?2cmほどの小さなショウリョウバッタの抜け殻でした〜食われて青じそがボロボロ今年はセミの抜け殻が多いテラスに止まったアブラゼミこのあたり、ヒグラシやニーニーゼミが多くてアブラゼミは珍しいオニヤンマこのところの暑さに夏バテしたのか、近づいても逃げなかったコミスジ近くの空き地に白花のツリガネニンジンが咲いていた昨日はとうとう蔵王町も35度、真夏日になったここ数日は31度、33...

6
と ん ぼ

と ん ぼ

熱湯ニッポンいつまで続く〜〜〜〜ハス田の草むらに黄色いトンボと青いトンボキイトトンボとアオイトトンボオオシオカラトンボかな潜望鏡トンボソウおまけはテングチョウイカリモンガでしたチャンコさんありがとう...

7
カワラナデシコ

カワラナデシコ

カワラナデシコが見事です田んぼのあぜに残されていた側溝の速い流れに、、、松川の河川敷にて白花もあったコマツナギヒキヨモギ〜久しぶりネ貧弱になっていたがまだ残っていた...

10
タマアジサイ咲いた?

タマアジサイ咲いた?

お墓参りの帰りに(13日です)タマアジサイがどうなっているか寄ってみた車道沿いの草むら、、、アチャー、草が刈られている!あ〜、よかった、タマアジサイは残されていた、、、が、ヤマアジサイもソバナもきれいさっぱり消えていた来年どうなる?刈られずに済んだタマアジサイ木陰にマツカゼソウが咲いていたクサボタンはこれから神様トンボ、、、って昔呼んでいたっけ...

6
鳥子平

鳥子平

もしかしたらミズギクがあるかもしれないと、、、鳥小平によって見たミズギクはなくて、コバギボウシが一面に咲いていた、、、と、水苔のなかに、、、???何これ〜長さは3cmほど、戻した芽ひじきみたい冬虫夏草?ツルコケモモの実モウセンゴケが紅葉していた咲き残りのコバノトンボソウ、、、トンボこの近辺、どこに行ってもコメツガがある山の天気は一時回復したけれど、また降ったり止んだりそのかわり雨具を着ていても涼しく...

7
一切経山

一切経山

酸ヶ平から避難小屋を経由して一切経山への登山道を行く一切経山は1948mの高山だが、軽装の家族連れやカップルが目立った途中の登山道から鎌沼が見えた鎌の形をしているというが、全容は見えないさっき歩いてきた木道や避難小屋、トイレが見える吾妻小富士も見えたまるで富士山を登っているような石ガラガラの道あっけなく山頂に到着「空気大感謝塔」空気も海も放射能に汚染された福島でちょっと複雑な気分三角点吾妻の瞳・五色沼...

9
ニンジンバタケ

ニンジンバタケ

12日、北アルプス以来の久しぶりの山・浄土平へ駐車場に着いていきなりキベリタテハの歓迎を受けたなかなかすばしっこくてうまく撮れないこの日はやたらこのチョウが多かった浄土平湿原では、、、ゴマナが満開ミズギクは木道からだいぶ離れたところに咲いていたウメバチソウも遠い一切経山の噴煙が雲と一体になっていた今は端境期、花が少ないヤマハハコオニノヤガラは終わっていたアカタテハがイタドリに止まったが、、、汗なんと...

10
モナリザの微笑み

モナリザの微笑み

八方尾根にはチシマギキョウが咲いているというので楽しみにしていたチシマギキョウは早池峰で20年以上にも前に見ただけあった〜、、、1,5mくらいの高さの岩の割れ目に2個だけ咲いていた周りを鎖で囲まれて、まるでモナリザの微笑みのような貴賓室?に祀られていた(蔵王にもあるがまだ見たことがない、来年行けるか)タカネマツムシソウが多かったきれい〜!ミヤマコゴメグサアップでミヤマウイキョウイワシモツケハクサンコザ...

14
ざおうさま・蔵王のゆるキャラ〜

ざおうさま・蔵王のゆるキャラ〜

八方尾根の花はもう少し続きますが、気分転換を、、、昨日は老人ホームの恒例の夏祭りだった今年はざおうさまが登場〜!今年から登場した蔵王町のゆるキャラお年寄りにも大人気歌謡ショーでは地元の歌手、刈田ゆみさんが熱唱毎年人気があるゆみさんのお母様の踊り90幾つでまだまだ元気(入所者の励み)職員のフラダンス、、、受けてた〜♩前列3名は男子、後ろにも男子キノコの木去年までスズメバチやカブトムシ、チョウ類がやって...

6
八方尾根固有の花

八方尾根固有の花

高山植物の大宝庫には固有種もあるパンフレットに載っている4種、すべてが見られたハッポウタカネセンブリ1cmほどの小さな花だが、濃い紫色の斑点がかわいい八方池山荘登山口から八方池まで普通に見られたハッポウワレモコウ花から長い雄しべが飛び出しているのが特徴ハッポウアザミオニアザミより小さめな花が1個だけ下向きに咲くハッポウウスユキソウミネウスユキソウより葉が細い花はすぎ加減メインポイントの八方池に到着気...

8
白馬大雪渓

白馬大雪渓

標高が上がるに連れて空は明るくなり、霧もすっかり晴れた雨具はとっくにぬいでいた心地よい汗が流れる前方に白馬三山の一部が顔を出した遠くそそり立つ八方ケルンを目指してゆく八方ケルンは記念撮影のポイント道の両側は今が盛りのお花畑ウメバチソウオヤマソバタテヤマウツボグサミヤマママコナシモツケソウクモマミミナグサホソバツメクサタカネナデシコミヤマムラサキ・・・・次々と高山植物が現れて、写真は撮らなくてはない...

8
八方尾根へ

八方尾根へ

朝の6時過ぎには雨が降り出した、、、やっぱり、、、栂池自然駅、7時30分始発のゴンドラに乗って下山下界は晴れていたバスで20分ほど移動して八方ゴンドラ駅へゴンドラと、、、リフトを乗り継いでシモツケソウはスキー場の草むらに多かった(動いているリフトからミラーレスだとピントがずれる、↑コンデジがベスト)途中、牧場が見えた標高1830mの登山口、八方池山荘に到着一面ガスに覆われて見通しゼロそれぞれ雨具を着用して出...

8
コバルトブルーの、、、

コバルトブルーの、、、

今朝はインターネットにつながらないと思っていたら、通信障害だったとのこと11時頃になってやっとつながったクロッシー回線に変えてから時間ばっかりかかってイライラしどうし11月に蔵王町もLTEがつながるというのでそれまでしんぼうしんぼう白馬山麓花めぐりはいよいよ八方尾根へ、、、とその前に、コバルトブルーの面々を見てくださいルリボシカミキリカラスアゲハルリタテハそして相変わらずキノコたち妖精が遊ぶフレアースカ...

6
栂池自然園散策〜3

栂池自然園散策〜3

一泊するってやっぱり気持ちがゆったりできるましてや自然園を出たすぐ隣が宿泊所帰りのゴンドラの心配もない「あせらない」で散策してきた歩いてきた湿原を振り返るみんなそろって”ハイチーズ”花ハイキングで集合写真を撮ることは滅多にないクルマユリが多かったコバノキソチドリタカネアオヤギソウオオバタケシマランオオバミゾホウズキスポットライト花の時期としては、ニッコウキスゲやワタスゲがきれいな5日位前のほうがベス...

10
栂池自然園散策〜2

栂池自然園散策〜2

前もって送られていたパンフレットを見ると、栂池自然園2時間コースは軽いと思っていたほぼ全コースに木道が整備されているが、、、実際に歩いてみると思ったよりアップダウンがきつかったこのあたりではまだルンルン気分この先に高い階段が続く坂道が待っていたミソガワソウ(初見)シナノキンバイミヤマキンポウゲオオレイジンソウ、、、まだつぼみこちらで見られるレイジンソウは紫色イブキトラノオオタカラコウオタカラコウと...

6
栂池自然園散策〜1

栂池自然園散策〜1

午後3時も過ぎると戻ってくる人がほとんどで、これから出発する人は少ない貸し切り状態とはいかないものの、ゆっくりと花を楽しめたヒオウギアヤメタテヤマリンドウミツバオウレンオオヒョウタンボクキヌガサソウ第一発見でみんな大歓声ところが次々と現れるので、次第に反応がにぶくなった、、、なんという贅沢!エゾシオガマニッコウキスゲはすぎ加減雲に半分かくれているのが白馬岳(かな)「緊急です」と言いながら我々を追い...

8
白馬山麓花めぐり

白馬山麓花めぐり

8月1〜2日は花ハイキング他の講座へ呼びかけての特別講座「北アルプス白馬山麓花めぐりの旅」だった講師、随行員3名、参加者35名仙台西口7時30分発、蔵王パーキングでaoikesiと白石、蔵王町からの参加者3名を拾ってもらう東北道〜磐越道〜北陸道を通り、糸魚川で高速を降りて小谷村へ栂池高原駅からゴンドラリフト、ロープウエイを乗り継いで栂池自然駅に到着したときは午後3時になっていたその日の宿泊所、栂池山荘に荷物...

6
これなあに?

これなあに?

これなあに?簡単よね〜♡ず〜っと雨ばっかり降っているので、散歩がてら川の様子を見に行ってきた行く途中で見つけたのはまたまたキノコノウタケホコリタケより一回り大きいほかのキノコはオイトイテ、、、松川は少し増量しているだけ濁りもなかった遠く、ガスが上がっているので天気回復か〜、と喜んだがそうでもないらしい橋の外灯の下にカブトムシの残骸こういう残骸が20匹分ほど転がっていた腹の部分を食われているのに、これ...

9