FC2ブログ

クロヤツシロラン

天気が良くて穏やかなある日
、、、ブロ友から「クロヤツシロランを見にきませんか」とのお誘い
二つ返事で早速出かけました

クロヤツシロラン
大きさが1cmあるかどうかの小さくて目立たない花
這いつくばってやっと見つけました
1013kuro1.jpg


1003kuro2.jpg



全体の高さ15mmほど
1003kuro3.jpg


終わりかけの花
1003kuro4.jpg


竹やぶにありました
1003kuro5.jpg


この後、海岸を案内していただきました

ナンバンギセル
比較的簡単に見つけられるという花ですが、こちらではオオナンバンギセルだけ
ポツンと3本が砂に立っていました、、、シュール?
1003kuro6.jpg


ハマサジの群落も、、、
1003kuro7.jpg


写真(植物・花)ランキング

アケボノシュスラン遅かった〜!

アケボノシュスランが気になっていました
なかなか訪れるチャンスがなくて、、、、雨が上がった隙にやっと行ってきました
1週間遅かった!
今年は大豊作だったようですが、ほとんどが終わっていてなんとか見られる花を撮ってきました

0904akebono1.jpg


0904akebono3.jpg


0904akebono4.jpg


0904akebono2.jpg


ジンバイソウ
これも手遅れ、かろうじて残っていた花
0903jinbae.jpg

このあとクロクモソウを見てきました
車に戻る頃にはまた雨が降ってきました
またしばらく天気が悪そうです



写真(植物・花)ランキング


サギソウ、、、空を飛びたい

サギソウに出会えるなんて〜!
もう40年も前のこと、泉が岳の麓の湿原にサギソウが群れていました
ある日、NHKのニュースに流れたのです
翌日に行ってみました
!!!湿地は踏み荒らされ無残な姿に、、、かろうじて1輪だけ残っているサギソウを見てきました
今でもこの場所が知れたら盗掘されるのでしょう
来年も無事に咲いてくれますように

0830sagiso1_201908281107163cf.jpg


0830sagiso2_20190828110717032.jpg


0830sagiso3_20190828110719b6d.jpg


0830sagiso4_2019082811072000d.jpg


0830sagiso6_20190828110722b36.jpg



写真(植物・花)ランキング

ナツエビネ2カ所で観察

自生のナツエビネも初見です
2年前から場所を聞いていて、今年やっと実現しました
あと1週間早ければ、、、という後悔はありますがなんとか2株ばかり見頃の花を撮ることができました
薄暗い杉山なので画像は荒れています(冷汗)

この株の隣には終わってしまった株が数本、ザンネン
0901natuebine1.jpg


ギリギリセーフ!
今日明日が限界
0901natuebine2.jpg


0901natuebine4.jpg


こちらは別の場所にて
0901natuebine7.jpg


0901natuebine8.jpg


0901natuebine9.jpg


すぎ加減のミヤマウズラ
0901natuebine5.jpg

4年前、福島のデコ平に行った時、売店でナツエビネの鉢を買ってきました
木陰において、2年は花が咲いたんですけど、今年は株が小さくなって花が咲きませんでした
来年は咲くといいんだけど、、、
でも、やっぱり自生地で見るのが一番きれいです


写真(植物・花)ランキング

ミズトンボ、、、初見です

オオミズトンボほどの華やかさはないけど、味のあるランです
高さは5、60cm、湿地に咲いていました
オオミズトンボと同じ湿地に棲み分けていました

0829tonbo1.jpg


0829tonbo2.jpg


0829tonbo4.jpg


0829tonbo6.jpg


おまけのトンボ、オニヤンマ
0829tonbo.jpg


写真(植物・花)ランキング

オオミズトンボ、、、蜻蛉(トンボ)にあらず

オオミズトンボを見てきました
ジクジクと水がしみでる湿地に咲いていました
2度目の出会いです

0829mizutonbo1.jpg


0829mizutonbo6.jpg


0829mizutonbo4.jpg


0829mizutonbo3.jpg


0829mizutonbo2.jpg


2ヶ所目ではほぼ花が終わっていました
0829mizutonbo7.jpg

『オオ』が付かない『ミズトンボ』もありました


写真(植物・花)ランキング

ギボウシラン、オオヤマサギソウ、トンボソウ

初見のラン、、、ギボウシランです
トンボソウを見に行って、様子が違うランを見つけました
クモキリソウとも違うし、、、思いがけないギボウシランでした

ギボウシラン
園芸愛好家に人気のランのため、自生ではなかなか見られなくなってしまったそうです
0802giboran1.jpg


0802giboran2.jpg


オオヤマサギソウ
繁殖力が比較的旺盛
0802giboran3.jpg


0802giboran4.jpg


トンボソウ
控えめな花です
0803giboran.jpg


ヨツスジハナカミキリ
0802giboran5.jpg


仲良しさん
0802giboran6.jpg


写真(植物・花)ランキング


初見のラン巡り<3>コクラン

初見のラン巡り最終回です
ほとんど諦めていたランです
黒い花って妙に惹かれるんですよね

コクラン
見た通り黒いランです
クモキリソウの仲間
0730kokuran2.jpg


くらい中では最も写しにくい花です
コンデジでやっとこさパチリ
バックをぼかすなど夢のまた夢
来年また行けたら晴れた日にしなくちゃ
0730kokuran3.jpg


0730kokuran1.jpg


イタチササゲ
県内でも多数観察記録がありますが、これも初見でした
0730kokuran5.jpg


0730kokuran7.jpg


ムラサキニガナ
0730murasakinigana.jpg

1日で4種もの珍しいランを案内していただいて、盆と正月が一緒に来たような夢の1日でした
ありがとうございました

諦めていたランを、地元でも見つけました
こちらも初見のランです
いずれアップしますね



写真(植物・花)ランキング

初見のラン巡り<2>マヤラン

何年か前からマヤランを案内していただくことになっていましたが、花の状態が悪くてお流れになっていました
ナニゲに今年の様子を伺ったら、見に行ってくださって、、、オッケ〜!ということに
車を止めてふと横を見たら昨日アップしたタシロランがあったという超ラッキーなガイドさんでした

マヤラン
シンビジウムの仲間、シュンランも同じ仲間だそうです
葉と根を持たない変わった植物で、地下茎が地中に潜っていて姿を現すのは花だけ(国立科学博物館より)
0730mayaran1.jpg


花の大きさは4cmくらい
シンビジウムの仲間とはいえ、くらい森の中ではピンポイントで場所を教えられても見つからないかも
0730mayaran2.jpg


0730mayaran5.jpg


0730mayaran4.jpg


0730mayaran6.jpg


ムカゴサイシン
(特徴的な小さな葉と根元のムカゴ)
もっと見つけられないのはこれ
もう花が終わって実だけですが10cmあるかないか
花は細長くてマヤランよりさらに地味
来年、花の時期に訪れても見つからないでしょうねえ
0730mukago.jpg


写真(植物・花)ランキング

初見のラン巡り<1>タシロラン

思いがけずお誘いを受けてラン巡りをしてきました
どれも、ネットで見ていてヨダレを流していたランばかり
あいにく雨の日だったので、暗くてスッキリとは撮れませんでしたが、初見のランとしては満足の1日でした

タシロラン
葉緑素を持たない腐生植物
相当深い腐葉土に生えていました
0730tasiroran3.jpg


ネットによるとヒトヨタケ科に属するということですが、ここではホウライタケ科の中でした
0730tasiroran1.jpg


0730tasiroran2.jpg


0730tasiroran5.jpg


カミキリムシが取り付いていました
0730tasiroran4.jpg


カメムシタケ
ちい〜〜〜さな冬虫夏草です
0730tasiroran6.jpg


写真(植物・花)ランキング


カキラン、、、久しぶり〜

カキランを久しぶりに見てきました
長く伸びたイネ科の草に埋もれて咲いているので写真を撮るのが一苦労でした

0720kakiran1.jpg


0720kakiran2.jpg


0720kakiran3.jpg


0720kakiran6.jpg


0720kakiran7.jpg


0720kakiran8.jpg

カキランも愛好者が多いようで、ネット検索すると「園芸」とか「通販」「株分け」「種まき」など栽培用の手引きばかり
これじゃあ、見つけたら掘りたくなりますね
自生地が知られたくない花の一つです



写真(植物・花)ランキング

高嶺の花、、、ウチョウラン

去年は入口を誤ったためにウチョウランの岩場にたどり着きませんでした
今年は入口を確認しながら崖登り
直登で崖下まで行き、崖に沿って花に近づくのですが、ほとんどロッククライミング
両方の手で木にぶら下がりながら足をそっと置く、、、一度1mほどずり落ちた(冷汗)

ウチョウラン
栽培種が出回っているとうことは盗掘も多いということ
手が届くような場所にはもう咲いていません
0701utyo2.jpg


0701utyo1.jpg


0701utyo3.jpg


イワヒバとキリンソウが目立っていました
0701utyo6.jpg


ヨコグラノキ
0701utyo.jpg

デジ一の設定を誤っていたため(いつものクセで確認しない)全て真っ暗な画像
コンデジで撮ったオットの画像を拝借です
たどり着く険しさを考えると、この場所は今年限りと思っていました
が、失敗写真を見ると来年もまた、、、
でも、やっぱり無理かな
車に戻ったら上りの辛さと緊張感でクッタクタ
よくぞ無事で戻れた、、、というくらいに危険な岩場でした


写真(植物・花)ランキング